コルセットによる腰痛解消法

コルセットは、腰痛ベルトに似ていますが、用途などは少し違います。

腰痛ベルトは慢性的な腰痛に対してその効果を発揮するのに対し、コルセットは急性腰痛(ぎっくり腰)などに対して
その効果を発揮するものです。

その効果としては、腰の痛みを動作を制限することで緩和させたり、無理な動作をあらかじめさせなくすることで
症状悪化を防いでくれるのです。
主にぎっくり腰や椎間板ヘルニア、すべり症などの腰痛患者に使われます。

体を酷使する職業に就いている人、デスクワーク中心の仕事の人などが、腰痛で仕事を休めない時に
腰をサポートしてくれます。

コルセットには軟性のものと硬性のものがあります。

軟性のコルセットは弾力性があります。
痛みの強い腰痛やぎっくり腰の時など、痛みにより日常生活が困難になった場合に使います。
このようなコルセットは布などで出来ているので、つけていても日常生活に支障をきたすことはないです。

硬性のコルセットは外科治療に使われます。
痛みが酷くて立ったり座ったりする姿勢を保つことすら辛い人や、術後に腰椎を固定する必要のある人に
使われます。
プラスチックや金属でコルセットが作られています。
用途としては、日常生活で行われる動作を防ぐことなので、動きが制限されます。

コルセットを装着することで腹圧が上がるので、腰への負担は軽減され、ある程度の動作を固定するので
痛みは減少します。

ただし、長期間にわたってコルセットを使っていると、コルセットに頼ってしまい、腹筋や背筋など、
本来は自力で腰を支えるべき筋力が低下してしまうので、あまり好ましいとは言えません。

コルセットの使用期間はなるべく短くし、腰痛改善のリハビリを受けるようにしましょう。
また、動かなくてはならない必要最低限の時だけつけて、特に動かない、必要のない時には外す、
くらいの感覚でいるのが良いと思います。

コルセットもさまざまで、安いものから高いものまであります。
症状の重さによってもいろんなタイプのものがあります。
安易に値段で選ばず、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。