妊婦の腰痛予防と注意点

妊婦さんの多くは腰痛になってしまいます。

妊娠し、だんだんお腹が大きくなってきますが、徐々に骨盤輪が緩んだ状態になります。
これは出産のためにごく自然な現象ですが、緩みが大きくなり過ぎると「骨盤輪不安定症」になり、
腰痛が現れることが多くなります。

また、お腹が大きくなることでそれを支えるために腰椎が反ってしまい、バランスが崩れて腰痛になります。

妊娠中だからと言って家の中でじっとしているのではなく、適度な運動をしましょう。
(前置胎盤など、安静が必要という医師の指示がある場合は指示通りにして下さい。)
ずっと休んでいると腰や背中の筋力が弱くなってしまい、悪化してしまうこともあるので、
動ける時は少しでも動くようにしましょう。

腰痛解消法としては、まず運動が挙げられます。
ウォーキング、水泳、マタニティヨガ、ストレッチなどを行います。
呼吸をしながら、ゆっくり体を動かすのが基本です。

それから、お腹の重みを支え、腰椎のカーブを保つために、さらしや腹帯、骨盤ベルトなどを使うと
腰痛も緩和されます。
骨盤ベルトは産後の緩んだ骨盤を締めるのにも使えますので、持っていると便利です。

低いところの物を拾う時などは、必ず腰を落とし、しゃがんでから拾うようにしましょう。
長時間同じ姿勢でいたり、立ったままでいるのも腰の負担になるので、やめましょう。

そして、靴も姿勢の歪みの原因になります。
特に、ヒールの高めの靴はお腹が前に出ている上にさらに前のめりになってしまいます。
転びやすくもなります。
足に合った靴で、ヒールのあまりない靴を履くようにしましょう。
スニーカーなど、楽な靴が理想です。

また、痛みがある時にはゆっくり温かいお風呂に入ったり、遠赤外線をあてたりして筋肉を温めると
痛みが和らぐこともあります。

痛みがおさまらなくて生活に支障をきたす場合や、だんだん痛みが酷くなる場合は医師に相談しましょう。
椎間板ヘルニアや子宮筋腫などの病気から腰痛が起きることもあるので、心配なら受診しましょう。
薬や湿布薬などは産婦人科で処方されたものを使うか、市販のものを使うなら医師に相談しましょう。