温熱療法で、腰痛を取り除く

温熱療法とは、原因となる患部を温めて血行を良くし、緊張した筋肉をほぐしてくれる効果があります。

理学療法士なども「物理療法」の一つとして使っています。
慢性の腰痛にはとても効果的です。

自宅でいちばん手軽に出来る温熱療法は、入浴です。
じわじわとゆっくり深部まで温めるためには、少しぬるめのお湯(38~41℃)で半身浴などを長めに
すると腰痛が和らぎます。
効果的なのは、大体20~30分温まると良いです。
血流増加が横ばいになるのが大体このくらいの時間だからだそうです。

患部を温めると血行が良くなりますし、入浴にはリラックス効果もあります。
いきなり全身をお風呂の中に入れずに、最初は足湯、それから半身浴、そして肩まで浸かる、
というふうに少しずつ入るようにすると、のぼせないで済むと思います。

また、入浴中に熱中症のような状態にならないよう、お風呂にペットボトルの水を持っていき、
こまめに飲んでおくと脱水症状を防げます。

または、温湿布を貼る、使い捨てカイロをハンカチなどに包んで当てる、湯たんぽを当てる、などをして、
患部を温める方法もあります。
(低温やけどには注意して下さい。)

濡らしたタオルを電子レンジなどで温めて、それを患部に当てておく方法や、
ドライヤーの温風を当てて温める、という方法もあります。

理学療法士なども使うような器具で温熱療法を行うこともあります。
遠赤外線やホットパック、超短波、極超短波、低出力レーザーなどがあります。

どの方法も血行を良くし、緊張している筋肉を弛緩させる効果があります。

ぎっくり腰などの急性期の腰痛の場合は最初は患部を冷やします。
冷やして炎症をおさえ、痛みが引いてきたら温熱療法をとり入れて腰痛予防をしていきます。

痛みの激しい急性期の腰痛の場合や、妊娠中の場合、高血圧、糖尿病、がんの人、熱さを感じない状態
(術後の部位、神経系欠損等)、熱に過敏な状態(多発性硬化症等)、重篤な循環器の障害等の場合には
温熱療法は出来ませんので注意して下さい。