腰痛に効果的なストレッチ

腰痛の治療にはストレッチやマッサージが有効だと言われています。
ここでは、ストレッチについて述べていきたいと思います。

スポーツや運動の前後には、筋肉の緊張や疲れをほぐす目的でもストレッチが行われます。

筋肉疲労により起こった腰痛には、ストレッチは特に効果的です。

ストレッチをする時の注意点としては、まず、痛すぎるストレッチは逆に筋肉を傷めてしまうので、
気持ちの良いところまで伸ばすよう心がけて下さい。
それから、筋肉は少しずつゆっくり伸ばしましょう。急に伸ばしたり、反動をつけると筋肉を傷めます。
また、腰の痛みが激しい時にはストレッチは行わないで下さい。

筋肉が硬過ぎる人は、息を吸って、息を吐いた時にゆっくりストレッチすると筋肉がゆるみます。

椅子に座ってストレッチ

片方の足首をもう片方の膝の上に置き、前におじぎするだけです。
これはお尻についている筋肉のストレッチです。
腰の筋肉はお尻とつながっているので、お尻の筋肉を伸ばしてあげると腰痛も楽になります。
(ちなみに、マッサージでもお尻をほぐすと腰痛が軽減されます。)

立って行うストレッチ

立って、膝を曲げ、つま先を持ってももの前にある筋肉をストレッチ
壁に手をついてやると、負担が少なくて済みます。
この筋肉は骨盤についている筋肉なので、腰痛にも影響します。

立って行うストレッチ その2

体をくの字に曲げ、片脚を前に出してかかとをつけてつま先をピンと上に上げ、
もう片方の脚は膝を曲げて、伸ばしている方のもも裏の筋肉を伸ばすストレッチ
この筋肉も骨盤についている筋肉なので、腰痛にも効果があります。

ふくらはぎのストレッチ

立って、姿勢を良くして壁の前に立ち、膝を伸ばしてかかとで立ち、つま先をピンと上に上げます。
この時、壁と自分の背中は平行になるように立って下さい。腰が悪いとここの筋肉も硬くなってしまうので、ここの筋肉も伸ばし、血行を良くしてあげて下さい。

現在治療中、あるいは腰に痛みがある方は、痛みが酷くなる場合もありますので、必ず医師や専門家の指示に
従って行って下さい。
ストレッチしてみて痛みが増すようであればすぐに中止し、医師に相談して下さい。