少し調子が悪いかな?と思ったら腰痛ベルト!

腰痛ベルトはコルセットと違って動きをあまり抑制しません。

腰痛ベルトはコルセットに比べて使い勝手は良いです。
腰痛ベルトの幅もコルセットより狭く、動きをあまり抑制しないので、ぎっくり腰などの急性腰痛には
不向きですが、慢性的な腰の痛み、長く続く腰の痛みがある人には効果があります。

腰痛の原因は、日常生活での姿勢や仕事環境などもありますが、骨盤の歪みによる重心線のズレ等の負荷が
腰痛を引き起こしていることもあります。
骨盤が歪んでいると、姿勢が悪くなったり、O脚やX脚になったりもします。
その歪みを矯正するためにも腰痛ベルトは有効です。

骨盤の辺りに締めておくと、骨盤矯正が可能になったり、産後の骨盤筋・骨盤底筋が弱って起こる
女性の尿漏れ対策にも活用出来ます。

骨盤底筋を強くすることで、慢性的な内臓下垂も改善され、下腹部の引き締まりやダイエット効果もあります。
腰痛ベルトを締めながら体操をすることで筋力をアップさせることも出来ます。
筋肉の緊張を和らげるストレッチと併せて骨盤の歪みを矯正する骨盤ベルトの併用も効果的です。

そして、ぎっくり腰などの予防にも使われることがあります。

腰痛ベルトは、腰に巻くのではなく、骨盤のいちばん出っ張った部分より少し下の脚の付け根辺りに巻きます。

腰痛ベルトの造りは非常に単純なものなので、装着しやすいです。
ただし、使っている間にずれてしまったり、長さの調節が難しいなどの使い勝手の問題もあります。

腰痛ベルトは、つけていることがそれほど気にならないので動きやすい、という長所があります。
けれど、脊柱支持筋に対する効果が低いという欠点もあります。

また、腰痛ベルトもコルセットと同じく、使い過ぎは良くありません。
腰痛ベルトに頼ってしまい、腰痛ベルトがなければ骨盤の形状を保てない体になってしまう危険性もあります。
そして、締め過ぎた状態を長く続けていると、血行が悪くなることもあります。
腰痛がある時の対処法として使う、ということを心がけて下さい。