現役で腰痛改善治療に携わる先生たちが回答!

現役腰痛改善治療
携わる先生たちが回答!!

腰痛のメカニズム

腰痛の事に関しては知っていても、その発生場所の一つである背骨に関してはあまり知識がないのではないでしょうか?実はこの背骨について知る事で腰痛の種類について大分理解が深まります。

背骨には、頸椎7本、胸椎12本、腰椎5本、仙椎5本、尾椎3~5本あります。
それぞれの骨の間には椎という短い骨が並んでおり、椎の間には椎間板というクッションがあります。

そして、背骨の周りには筋肉があって、骨を支えており、その筋肉の運動によって体の曲げ伸ばしが出来ます。
特に、腰付近の背骨からは、下半身の神経が多く集中しているので、腰椎を痛めると下半身にも影響が出がちです。

腰痛は主に、「骨格が悪いために起こるもの」「筋力低下のために起こるもの」「血流の悪さから起こるもの」
に分けられます。

腰椎の歪みが全身の歪みに影響

腰椎は上半身すべての重みを支えており、かなり負荷がかかっています。
骨格が歪んでいると、上半身がうまく支えきれずに腰痛になることが多いです。
こういう人は、腰椎だけが歪んでいるというよりは、骨盤から歪んでいたり、全身に歪みが生じています。

左右に歪みがある場合だけでなく、腰が常に反ってしまっている場合も腰痛になりやすくなります。
妊婦さんはお腹がせり出してきて、そのバランスを取るためにどうしても反り腰になってしまいがちなので、腰痛も起こしやすいです。

支える筋肉の重要性

上半身の重みを支えるためには、腰周りの筋肉が必要です。
普段からあまり動かなかったり、肥満で上半身の重みを支え切れない状態になっていたりすると、腰痛を起こしやすいです。

逆に、重いものを運んでいたり、ハードな運動をして筋肉を酷使し過ぎていても腰痛を起こしやすくなります。
また、加齢によって筋力が落ちてきた場合にも腰痛になりやすいです。

また、血行の悪さからくる腰痛は、長時間同じ姿勢をしていたり、姿勢が悪いと、腰椎を支えている筋肉や筋の血行が妨げられて起こります。
その部分に痛みの物質がたまって痛みを引き起こしてしまいます。
デスクワーク、立ち仕事、車の運転など、長時間同じ姿勢でいると、血行も悪くなります。

血行が悪いと細胞の中に酸素がいかず、二酸化炭素や老廃物を押し流すことも出来なくなるため、乳酸がたまります。
それが腰にも影響し、痛みを生じたり、重だるい感じがしてしまうことにもなります。